電源要らず、安全、低コストで目的に合った巻き取り機を!!
 
ロールスクリーンは手で引っ張れば巻かれた生地が巻き取りロールより送り出されます。
巻き取りロール内にはコイルバネが内蔵されていますので、ストッパ機能を取り付けなければ巻き戻す力が常に掛かりカーテンなどのインテリア用品としてだけでなく、電源不要の安価で安全な「巻き取り装置」としても使用できます。
 
リソーネットではコイルバネを使った安全で低コスト、電源を必要としない巻き取り装置を納入してきました。

 
以下はほんの数例です。

 ある大手鉄鋼メーカーは、検査装置の安全扉としてお使いです。

 検査機の扉の開閉に伴って磁気センサーの磁界波が検査機から漏れないように、ロールカーテンの生地を電波遮蔽シートにして、ストッパ無しの巻き取り機を横方向に固定して電波遮蔽シートが磁気センサーの動きに合わせて送り出されたり巻き取られたりするようになっています。

 詳しくは分かりませんが、アルミシートの厚さが40ミクロン以上あれば装置内の磁界波が漏れないとのことで、当社の電波遮蔽シートとロールカーテンキットを組み合わせて納入いたしました。


 ある大学では、ロボットのセンサーから出る光の反射・受光時間で距離を感知するためのフェンスとしてお使いです。

 ロボットから発光される光を白い生地のロールスクリーンで囲まれた壁からの距離が分かり、ロボットの位置を認知するためのものです。

 当社の電波遮蔽シートの電波反射特性を利用するために、ストッパ無しのロールカーテンキットのスクリーンとして組み合わせ、横方向に伸ばして六角形の各コーナーの  支柱に固定して、六角形の囲いを作るためのものでした。そのため6個の電波遮蔽シート付きの巻き取り機(ロールスクリーン)を納入いたしました。
 

 ある大手自動車メーカーは、電動車に連結された荷台の雨除けカバーとしてお使いです。

 長い荷台に載せた荷物が雨が降っている時でも雨が掛からないように荷台の前後まで覆えるように荷台の前端に巻き取り機を固定して雨の時は巻き取りロールから引き出して後端下部のフックに生地の先端のウェイトバーの両端を固定できるようにしました。

 生地は荷物の状態が見えるようにシート内部の状態を見ることの出来るUVクリアーシートを使い、巻き取り機のコイルバネはさびにくいステンレス製のバネを使用しました。

 プルコードなどは勿論使用せず、掴みやすいプルグリップを使用しています。


生地(除電マット)送り出し前
 
生地(除電マット)送り出し中

 ある大手機械メーカー向けには電子機器(部品)の実装機の安全扉としての巻き取り装置の納入です。

 電子機器関係のため静電気対策が必要で生地には除電マットを用いています。

 除電マットは防炎認定品で工場内の安全扉としてのロールスクリーン生地として問題ありません。


 以上のように、ロールカーテンキットは非常に安価な巻き取り機としても様々な用途に利用できます。

 巻き取り機のご検討の際には是非当社までご相談くださいませ。



お問い合わせ・ご相談




Copyright(c)2000-2002 Riso-Net. All Rights Reserved.



最終更新日:2008-09-10
last update : Sep.10,2008